So-net無料ブログ作成










猫、動物、鳥 ブログトップ

かわいいレイ [猫、動物、鳥]

レイ_250L_1600x900.jpg


妻のブログでお伝えしていますが、2月13日午前11時30分頃、かわいがっていた猫のレイが
息をひきとりました。レイが大好きだった妻の腕の中で、あまり苦しそうにすること無く
静かに旅立てたのはせめてもの救いです。
2017年6月に保護してから今日まであっという間でした。
きれいな顔で、仔猫が普通に寝ているようです。 


妻のブログ:う~にゃんっ

レイ君旅立ちました  2020年02月13日
https://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/2b5d6c95b84501a2ba97c95ea4dc9055

レイ君のお別れ会  2020年02月14日
https://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/dc58ce8f32a5ad92b57e9ed483feb6c4



レイ_001-025.jpg


これは保護する直前、妻の職場の敷地内にて撮影。
レイ_001.jpg
ひどくおびえた様子だが逃げはせず、妻は容易にキャリーケースに入れることに成功。

レイのために購入したスキップフロアタイプの大き目のケージでしばらく過ごしてもらいました。
レイ_010.jpg

少しずつ慣れてもらうため、ごく短時間に限定してリビングを探検。
ソファのまわりなどをこわごわ歩き回るレイ。
レイ_013.jpg

あるとき杏がケージに行き、レイを誘うようにして外へ。
レイ_017.jpg
レイ_018.jpg

この頃はまだミィが1階でみんなと暮らしていたのですが、
新入りのレイ、早速この暴れん坊の洗礼を受けるw
レイ_021.jpg
レイ_022.jpg

といってもミィの手は空を切るだけで、実害は無い。
レイ_023.jpg

それでもその圧に負けて傾くレイww
レイ_024.jpg

おとなしい性格でしたのでケンカみたいなことはほとんど無くて、しいて言えばこのミィとの
エアバトルwくらいなのですが、これがまた…、互いに目を瞑って手の届かないくらいの距離で
空気を叩きあうw、だから実際には何もダメージが無いという、平和的でなかなか笑わせてくれる
ものでした。


レイ_026-050.jpg

レイ_051-075.jpg


うちで採れたアケビと。季節としては初秋、この時点で保護して2~3ヶ月経過しています。
レイ_075.jpg

ナナとご挨拶。故ナナはいつもやさしかった。
レイ_083.jpg

妻のスリッパに頭を突っ込んでグイグイ進むレイw
レイ_089.jpg
レイ_090.jpg
レイ_093.jpg


ストレスからか、体をなめすぎてハゲができるほどになってしまい、故クリオが以前同じことになった
時に買った猫用Tシャツを着せた。わりと似合う。
レイ_094.jpg


何だかすごくダメな猫みたいにも見えるがw、かわいくて気に入っている1枚。
レイ_097.jpg


レイ_101-125.jpg


最初の頃はうまくなめられなかったちゅ~るも、妻のおかげでちゃんとなめられるように。
でも、とてもゆっくり。他の猫たちの倍以上の時間がかかりました。
レイ_121.jpg

おいしそうな顔がいい。
レイ_122.jpg

全体的にスローペースなのですが、ごはんを食べるのも遅くて、本当に遅くてもう…、
他の猫においしいのを食べられてしまうなんてことはよくあって、レイだけ別室
(ドアのあるキッチン)でお召し上がりいただくようなこともよくありました。
妻が初めてちゅ~るをあげようとした時も、チューブを顔の前に向けてもどうにもうまく
なめられなくて、でも何だか食べた気になって口のまわりを舌でなめる(猫が食後に良くやる動作)、
それくらいの残念さでしたw
妻が根気良く教えたおかげで上の写真のように少しずつちゅ~るはなめられるようになっていった
のですが、そういったほかの猫ではあまり気にもしないところでいちいち手がかかるところも、
何だかかわいそうで、いとしく思えました。


レイ_126-150.jpg


レイの個性というか特徴のひとつ、前足が折れているような変な角度になる。
レイ_126.jpg
レイ_127.jpg

妻が保護する前、第一発見者の一人の方が、もしかしてこの猫、足が折れてるかもしれないな…
そう心配したほど。しかし折れているわけではなく、これがレイの普通の状態だった。
レイ_130.jpg
レイ_131.jpg
だいたい全体的にシャンとしていなくて、いつもなんだかグニャッとしていた。


レイ_151-175.jpg


花とかフルーツは好きでよく匂いをかいでいた。華奢で女の子っぽい見た目なので花が似合う。
レイ_118.jpg
レイ_133.jpg
レイ_194.jpg
レイ_202.jpg
レイ_237.jpg


案外似合ったのがティアラ、っぽい飾り。レイの色柄と、頭が小さいのと、アイラインを上下きっちり
引いたような目が効いているのかなと思う。
レイ_151.jpg
レイ_152.jpg
レイ_153.jpg


すれ違うと大体バトルが勃発するミィ。これは何だか二人でどつき漫才をしているようでおかしい。
レイ_162.jpg
レイ_163.jpg


レイ_176-200.jpg


妻のスマホを枕にお昼寝。気持ち良さそう。
レイ_185.jpg


レイ_201-225.jpg


これは妻が気に入っていたポーズ。ダンボールの爪とぎになぜかこんなふうに前足だけのせて、
何だか子供が机に向かって勉強でもするかのよう。
レイ_213.jpg
レイ_214.jpg
レイ_215.jpg


スターウォーズのヨーダのような耳。これはまだゆるいほう。
レイ_222.jpg
レイ_223.jpg
レイ_224.jpg

進化版ヨーダ。フォースでも使えそうなくらいの勢いを感じる。
レイ_354.jpg
レイ_355.jpg
レイ_356.jpg


レイ_226-250.jpg


これは妻が写真を撮るのを手伝うために私がレイを抑えているときのものだが、
私に抱えられるのがすごく嫌だったのかこの顔w そんなに嫌がらなくても…。
レイ_233.jpg

私のフリースの懐に入れた時もやっぱりこんな顔してて、あんまり居心地良く無さそう。
さみしいオレサマ…。
レイ_286.jpg


レイ_251-275.jpg


杏とまるで恋人同士のようにしていることもあった。こうしてこんな写真を何枚も見ると、
杏はクールなように見えて、案外レイのことを気に入っていたのかもしれない。
レイ_232.jpg
レイ_277.jpg
レイ_278.jpg
レイ_279.jpg


お正月の松飾の匂いをかごうとして鼻先に松の葉が刺さったのか、何か変なことになっているレイ。
日本そばとか寿司を食べて、わさび効き過ぎ…みたいにも見える。
レイ_253.jpg
レイ_254.jpg
レイ_255.jpg


レイ_276-300.jpg


レイ_301-325.jpg


これがレイのお得意のポーズw おもちゃとかをつかもうとして空を切った手の格好がおかしい。
レイ_308.jpg
レイ_309.jpg
レイ_310.jpg
レイ_311.jpg
レイ_312.jpg
レイ_313.jpg

やっとつかめました! レイなりのドヤ顔w
レイ_314.jpg
レイ_315.jpg
レイ_316.jpg

紐の先に羽や鈴がついたようなおもちゃは他の猫もそうですがレイも好きで良く遊びました。
ただ、レイの場合はその羽や紐をつかめむことが中々できなくて…、それらが目の前を通り過ぎて
一呼吸置いてからおもむろに手を振るという感じでしたので、一生つかめそうになく思えました。
その時の空振りした手の格好がおかしくて、私も妻もそれが大好きでした。レイは、何でだろう?
今つかめたと思ったのに…みたいな困り顔をしていて、その表情もまたかわいくて大好きでした。


紐を噛もうとしているのか、なめようとしているのか、上を向いて舌を出すレイがかわいい。
レイ_321.jpg
レイ_324.jpg
レイ_325.jpg

レイ_326-350.jpg


故ナナが具合悪くなった時、お見舞いするかのようにそばによってきたレイ。
うちに来たばかりの頃ナナによく面倒見てもらっていたのを覚えているかのよう。
レイ_326.jpg


お菓子を見る顔、かわいい。
レイ_344.jpg


おとなしそうで穏やかな性格といえば聞こえはいいですが、いつも不安そうで、いちいちにぶくてw、
弱々しくて、動作が緩慢で、身体能力低くて、いつも何だかグニャっとしてて、おばかさんでw…、
もう色々残念な猫でしたが、私も妻もこの小柄できれいな柄の猫が大好きでした。

うちに来る前、人間にたたかれたりして恐い思い、痛い思いをしたのか、頭とか背中をなでようとすると
腰が引けて変な格好になってしまい、それは最後までそうだったのですが、それでも毎日面倒をみて
かわいがる妻にはとてもなついてくれて、妻が夕方仕事から帰ってくると必ず玄関に迎えに行くように
なりました。他の先輩猫達がみんな寝ていてもレイだけは必ず迎えに出ていました。
まだ妻が帰る時間ではなく、ただ暗くなってきたので玄関の照明をつけようと私がスイッチをいれると
お母さんですか?お母さん帰ってきましたか?みたいな感じで小走りで来て、妻がいないとわかると
がっかりするという…w、健気なものでした。
妻が帰ってくると嬉しそうについてまわり、妻が家にいる間中そうしていて、足元にまとわりつくので
妻は歩くのが大変なほどでした。

保護して半年、1年くらいたつと少しふっくらしてきて、毛色も少し濃くなって、ちょっと健康そうに、
そしてちょっと普通の猫っぽく見えるようになったような気がしました。

他の猫や人に対して怒ったり威嚇したり、そういうことは一度もありませんでした。おとなしくて弱気で、
引っ込み思案で、他の猫たちがじゃらしやおもちゃで遊んでいても、中々そういうことが出来ません。
反射神経とか運動能力とか色々残念なところのある猫でしたので、他の猫と一緒のペースで遊ぶことは
できませんでした。レイと遊ぶときは全てをゆっくり、スローペースでやらなければいけませんでした。


そんなレイですが、妻がほかの猫をかわいがっていたりすると、その様子を少し離れた所からじーっと
みつめてあからさまに嫉妬の表情を見せるw、そういうところはありましたので、はたで見ていて、
ああ、こういう猫でもそういう気持ちはあるんだ…と妙に感心し、そういうところもまたかわいいと
思いました。


保護して2年半、短くも楽しい、幸せな時間が過ぎていきました。















レイ_351-372.jpg


具合が悪くなってからのレイ。妻になでてもらって安心しているようです。
レイ_362.jpg

1月に異変に気がついてすぐに病院で診てもらって、腎不全のステージ2、そして貧血、口内炎、歯周病
などの診断をされましたが、その時はまだ希望を持っていました。腎臓に関する数値は、口内炎や歯周病
から腎臓の負担が大きくなってそういう数値が出てしまうことがあるので、もしかしたら一時的なものの
可能性がある、それらを治せれば数値は回復するかもしれないから、悲観的になり過ぎずに経過をみて
いきましょう、とのことでした。

それが、おそらく他にもいくつかの要因があったのでしょうが、思いのほか悪化するスピードが速く、
点滴や注射、薬など考えられる処置は全て施したのですが、それらの効果はあまり無く、レイはもう
食欲を失い自分で食べることをしなくなってしまいました。
再検査すると腎臓も貧血もその数値は一気に悪化して、いくつもの項目で測定範囲を超えて振り切って
しまうほどになってしまいました。残念ながら末期症状です、獣医はそう言いました。
前回の検査でステージ2とされて、心配したよりはひどくないのかも…、と思えたのもつかの間、実は
ものすごい勢いで悪化している真っ最中の一瞬を切り取ったようなものだったのかもしれません。
獣医が続けて言うには、治療を続けるとしてもこのまま入院して点滴と注射、流動食を強制給餌という
方法しかないのですが…とのことで、そうなると最悪病院で死を迎えるということになりかねず、
妻も私もそれは望まないので、退院、ひきとらせてもらうことにしました。


このことを仕事に行っている妻に、泣かないで読んでください、という書き出しでメールを書くのが
つらかったです。2月12日の午前中のことでした。
すっかり弱って見えるレイを病院からつれて帰るとき、さぁ、おうちに帰ろう。それでレイの好きな
おいしいのいっぱい食べよう…ってわけにはいかないんだな、もう…。そう思うと泣けてきました。


退院してぐったりしているレイ。早く帰ってきてくれた妻が咲き始めた庭の河津桜の花を切ってきて
そばにおいてくれました。
レイ_367.jpg


何かきっかけがあって、あるいはもっと頻繁に検査とかしてもらっていて、もっとうんと早く気がつく
ことが出来れば、そして何かしら対処していられたら結果は違ったのかもしれませんが、それはもう
考えてもどうしようもありません。
もう遊んでやることもできない、レイの得意な残念なポーズももう見れないんだな…。
あのちょっと驚いたようなかわいい顔も…。

元気な頃のレイ。
レイ_248.jpg

レイは第一印象で見るからに弱そうな子に見え、実際何らかの問題を抱えていたのかもしれませんし、
もしかしたらそういうことが理由で捨てられてしまったのかもしれません。レイが自分でどこかから
逃げ出してきたとは、その性格や運動能力からして考えにくいです。
レイがどういう経緯で野良になっていたのか知る由もありませんし、考えられることは色々ありますが、
うちで保護して健康に良いといわれるごはんを食べさせて、徐々にふっくらして元気に遊ぶようになって
(あくまでレイなりにですが)、ちょっと安心し過ぎていたのかもしれません。
病気にしてしまったこと、そして治してやれなかったこと、その事実は変えられません。ただそのことを
悔やむのみです。

この写真のレイが特に好きでした。きれいな、まるで仔猫のような顔です。
レイ_250L.JPG


何回か猫を見送って、そのたびに思うことですが、神様なんていないなと…、つくづくそう思います。
もしいたとしても全然能無し、まるっきり役に立たないじゃないか…、そんな風に思ってしまいます。
この小柄な猫がいったい何をしたというんでしょう?何でこんなに早く死ななければいけないんでしょう?
わかるように説明してもらえませんか、生き返らせてくれとまでは言いませんから。
そんなふうにつめ寄りたい気持ちです。神様がいるのなら。


後ろ足だけで立ち上がって何かをねだるこの顔がすごくかわいい。ただただいとしい。
レイ_347.jpg


かわいいレイ。どの写真を見てもみんなかわいい。

ほんの短い間だったけど、一緒にいられて楽しかった、毎日楽しかったです。
レイと暮らせて私も妻も本当に幸せでした。

私たちが思っていたよりも、望んでいたよりも全然早く来てしまった最後でしたが、
最後はちゃんと看取らせてくれて、ありがとうというしかありません。レイは孝行でした。

レイ_370.JPG

今度はもう少し健康で丈夫な体に生んでもらって、そしてなるべく早くうちを見つけて来てほしい。
たくさんかわいがるから。 またかわいがらせてほしい…。






せめてあと3、4年、もう少し一緒に暮らしたかった…。




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

かわいいユキ [猫、動物、鳥]

yuki_02_320x240x25_01.jpg

ユキは2001年の初秋、母猫(三毛猫、後にユキとともにサチコと命名)といっしょに現れました。
最初は女の子かどうかもわかりませんでしたが、なんとなくそうかなと思っていたら、やっぱり女の子でした。
とても甘えんぼさんで、うちに来始めた頃は、お母さんのおっぱいを時々吸っていました。

Yuki_1
http://ash-institute.cats.st/ash_personal/photo_cat/yuki_1.htm

yuki_01_320x240x25.jpg

初めの頃は外でご飯だけあげていたのですが、あるとき、母猫だけで来たことがあって、
あれ?子猫はどうしたのかな?と思いながらご飯をあげると、彼女はほんの少しだけ食べて、すぐに後ろを振り返り、
小さな声で「エン、エン」みたいな感じで鳴きました。
印象的だったのでよく覚えているのですが決してニャーニャーではありませんでした。
で、少ししたら、2軒隣の家の敷地から(当時隣はまだ家屋が建っていなかった)、コンクリートの低い仕切りを
乗り越えて子猫が走ってきました。ユキです。
ユキは母猫に呼ばれ、草の生えた隣の敷地をピョンピョン走ってやってきました。
母猫は子供にご飯を食べさせるために自分は途中で食べるのをやめて呼んだのでした。
何だか映画のワンシーンのようで、言葉を失いあっけにとられて見ていました。
母猫は1匹だけ残ったわが子を何よりも大切にして、注意深く大事に大事に育てていたのでしょう。

そのうち親子は定期的に来るようになり、ほぼ毎日来るようになり、そうなるとこちらも半分飼っているような感覚に
なり、親子が雨風をしのげるようにとウッドデッキに古いオーディオラックを置き、その中に毛布やらバスタオルやらを
しいて、そこを家代わりにしてもらいました。親子はその猫ハウスを気に入ってくれたようで、よく中で2匹くっついて
寝ていました。

yuki_01_320x240x25_01.jpg
yuki_01_320x240x25_02.jpg

ですが、秋が深まる頃、このまま冬が来たらこの程度のものでこの子猫は寒さに耐えられるのだろうか? そう思うと、
もう心配になって、完全に保護して室内飼いにすることを決めました。 当事既に2匹のオス猫を飼っていましたので、
相性が心配でしたが、さいわい特に大きな問題は起こりませんでした。

Yuki_2
http://ash-institute.cats.st/ash_personal/photo_cat/yuki_2.htm

yuki_02_320x240x25.jpg

最初は、正直あんまりかわいく見えなかったユキですが、家に入れてしばらくするとやたら美少女になったような
気がしました。はい、親バカ全開です。
これは母猫のほうも、恐い顔した猫だな…というのが第一印象だったのですが、保護してからは毎日のご飯の心配も
無くなって表情も穏やかになり、栄養状態が良くなったのか普通の猫程度にはふっくらしてきて大分印象が変わりました。
最初恐く見えたのは痩せていたせいもあったようです。

yuki_02_320x240x25_01.jpg
yuki_02_320x240x25_02.jpg
yuki_02_320x240x25_03.jpg
yuki_02_320x240x25_04.jpg

保護して1年以上が経過して、子猫も猫としては大人になったはずなのですが何となく全体的に小さく華奢なまま
でした。成長期に十分な栄養が取れなくてこういうことになったのかなと思うとかわいそうに思うのですが、
恐らく一緒に生まれたであろう他の兄弟達はみんな亡くなったのでしょうから、運がいい子だったと言えるのかも
しれません。大人になっても小さいままでしたが、女の子ですし、小柄で華奢なのはチャームポイントとも思いました。

何しろ初めて飼うメスの猫です。母猫ともども、もう文字通り猫っかわいがりしました。

yuki_03_320x240x25.jpg

外に出るのが好きで、よく一緒に出て遊びました。と言ってもウッドデッキまでの小さな外の世界です。
母猫と違って、それ以上は恐いのか、遠くに行こうとか絶対しませんでした。


yuki_04_320x240x25.jpg

いただき物のろうそくと。
yuki_04_320x240x25_01.jpg

yuki_05_320x240x25.jpg

楽しく、幸せな季節がいくつも過ぎていきました。

yuki_06_320x240x25.jpg

yuki_07_320x240x25.jpg


ウッドデッキに出て、鉢植えの花を見て、そのにおいをかぐのが好きでした。
yuki_07_320x240x25_01.JPG

yuki_08_320x240x25.jpg

大好きな海苔を食べるユキ。このときの顔がかわいくて私は大好きでした。
この時で多分10歳は過ぎていますがとてもそう思えない、子猫のような表情。
yuki_08_320x240x25_01.jpg
yuki_08_320x240x25_02.jpg


恐がりで、甘えん坊で、海苔が好きで、悪いことなんか何にもしなくて、
いつまでも子猫のようで、かわいいばっかりの子だった。
もうユキのフォルダが増えることは無いんだな…。




yuki_final.jpg
普通に眠っているようです。
サチコの娘、ユキ、2015年10月8日永眠。享年14歳。


ゆきちゃんありがとう
http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/3fe7a51d3c3cbdd27ec4b1750e7043a4

ゆきちゃんのお葬式
http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/db9737458b38f9400c026f5a4557de51







この子達ともう一度暮らせたらいいのにな…。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Merry Christmas フェルトのサンタ帽と猫達 [猫、動物、鳥]

フェルトのサンタ帽と猫達_01.jpg
少し前の家内のブログから。 三毛姉妹の片方、寧々はこういうのが大好きらしい。

フェルトのサンタ帽を乗せてみましたっ 2014年12月07日 http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/18e25d47dcc54003095405bab30aa89c

杏。人間の顔みたいで何だかおかしい。
フェルトのサンタ帽と猫達_02.jpg

ナナ。 舌が出てるのはご機嫌さん?
フェルトのサンタ帽と猫達_03.jpg

凜。 立派な白いおなかw
フェルトのサンタ帽と猫達_04.jpg

最後にまた寧々。 カワエエ。
フェルトのサンタ帽と猫達_05.jpg
フェルトのサンタ帽と猫達_06.jpg

赤い帽子が好き…というわけではなくて、ガジガジしたいらしいw
フェルトのサンタ帽と猫達_07.jpg




フェルトとか、毛の固まり好きだな、猫は…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

芸術を愛でるナナ [猫、動物、鳥]

ナナとオリヅルラン_01.jpg
ヨイショヨイショ。
ナナさん、どこ行きますの?

ナナとオリヅルラン_02.jpg
ドヤァ。
すごいですね、そんな高いとこ登られて。(;^ー^)

ナナとオリヅルラン_03.jpg
これこれ、これを見に来たんや。
モディリアニを鑑賞するナナw



ちょっとにぶめだけど、猫だからやっぱ本能的に高いとこが好きなのな…。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ヤモリ救出、解放 [猫、動物、鳥]

ふたつ前の日記でヤモリのことを書いたが、そのヤモリを見つけて外に開放した。

ユキ(猫)が変な声で鳴くので、これは!と思って追いかけてみると、
案の定もてあそんでいたので、即座に救出。そのまま戸外(ウッドデッキの上)に逃がした。
P7106976m_trimed_800x600.jpg
写真の向こう側が頭。手前側がしっぽなのだが、尻尾は彼らが身の危険を感じた時にやる
しっぽ切りをやってあり、切れている。これはトカゲなどと同じで再生する。
P7106977m_trimed_800x600.jpg
窓越しに写真を撮って、そのまま観察していると、チョコチョコと動きながら、
ウッドデッキの上にたまっている雨水を舐めるようなしぐさを見せ、
そのうちウッドデッキの下に消えていった。
良かった。とりあえず、家の中でミイラ化したり、猫の餌食にならずに済んだ。



うっかり家に入れてしまったヤモリ、助かって良かった。達者でなぁ…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ヤモリと猫(ナナ) [猫、動物、鳥]

朝、窓をあけようとしたら手の上に何かポトッと落ちたと思ったら、それがピョンと自分ではねて、
出窓の棚みたいなところに着地、したかと思う間もなくデスクの下の密林にササァッと…。
これは、ほぼ間違いなくヤモリ。
少なくともうちには2匹いて、しばしば窓の外にへばりついているのを見かけていた。


ヤモリといえば、つい最近、家内がブログでとりあげていた。
う~にゃんっ
ヤモさんどこですか~っ?? 2014年07月03日
http://blog.goo.ne.jp/reomama518/e/c17d8352aff59a47cd53750d81208aca

窓の向こうに何かを見つけたナナ。
ヤモリとナナ_01.jpg
近づいてみると、まごうことなきヤモリ。 結構白っぽい。
夏場はこの状態で飛んでる小さな虫を食べてるところが観察できたりする。
ヤモリとナナ_02.jpg
なぜかすぐ見失うナナw どこ向いてん?
ヤモリとナナ_03.jpg
ベンチの背もたれの上に立って体を伸ばしてヤモリを探すナナ。 そっちじゃねえべ?
ヤモリとナナ_04.jpg
グイグイ別のほうに…、深みにはまるナナ。 ヤモリ余裕w
ヤモリとナナ_05.jpg
「いなくなったみたいだからナナ帰るわ。」 いやいやいやw 
ヤモリとナナ_06.jpg
ま、ワクワクしてちょっと楽しめたみたいだからいいか。^ー^ ヤモリさんまた出てきてね。


つか、さっきデスクの下に入ってしまったヤモリの行く末が心配…。
うちの中じゃあんまり食べるものなくて干からびちゃう…。 (=´x`=)



机の下に入ったと思われるヤモリ、その後目撃情報無し…。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
猫、動物、鳥 ブログトップ