So-net無料ブログ作成










ASPARK OWL (Prototype) ブログトップ

ASPARK OWL prototype インテリア [ASPARK OWL (Prototype)]


owl_interior_photo_06_1600x1000.jpg


ウェブサイトのInteriorのページにASPARK OWL prototypeのインテリア画像を追加しました。

http://ash-institute.cats.st/works_car_design_interior.htm

ASPARK OWL prototypeのページ自体にもあるのですが、Interiorのページがちょっとさみしい
状態でもありましたのでこちらでもご覧いただけるようにしました。


最終案のCG:シェーディング状態のスクリーンショット。
owl_interior_j_01.jpg

owl_interior_j_04.jpg

owl_interior_j_07.jpg

owl_interior_j_10.jpg
この後、現物製作用の3Dデータを作成することになります。
表面の各種仕上げ(レザー、ファブリック、塗装等)に応じてオフセット面を作り、裏側の補強、
取り付け用の細工等考えるのですが、これが結構手間のかかる作業で、この車の場合はそうでも
なかったですが、ものによっては…正直げんなりします。



部位ごとのカラー、材質等を示すマテリアルマップ。レザーは見本のチップを貼っておすすめの順番などを
添えてお客様にご覧いただいて選定していただきます。
owl_interior_material_map_02.jpg
インテリアの多くの部位でつかったオフホワイトのレザーですが、これに関して実は色々ありました。
このことはASPARK OWL prototype のページの最下段、
J News Internationalのグラフィックデザイナー/ライター:真栄中美樹さんによるインタビュー記事
の第5回でも触れているのですが、その抜粋をここでも紹介させていただきます。

 第五回「ASPARK Owl」カーデザイナー大津秀夫氏 独占インタビュー


---------------------- 以下インタビュー記事より抜粋 ----------------------

 それから、インテリアに使ったオフホワイトのレザー(本革)を当初国内メーカーで手配していた
のですが、メーカーと、間に入った業者の両方でトラブルが続き、使えなくなり、(最初に選定して
お客様にも承認してもらったものが、良く見たら量が足りなそうなので別のものにしてくれないかと
言われ、何だそりゃ…と思いながら新たにカタログから選定しなおして、お客様からも何とか承認して
もらったものが届いてみたらサンプルと全然違う色で、お客様に確認するまでも無く使えない。
この発注に要した費用は弊社丸かぶり…。何なん?革関係の業者w)、急遽東京の浅草(昔からレザー
の卸問屋が多い)に直接仕入れる覚悟で現金持参で行ったのですが、残念ながら色と量の両面を同時に
満たす現物は見つからず、ある輸入商社でイタリア製のサンプルの中から望ましいものを見つけて
ダメ元で納期を聞くと十分間に合いそうなことがわかり、急遽それをイタリア本国に発注、
本当に間に合う、という“綱渡り”に成功しました。

 当初、納期や何か問題が発生した時の事を考えると、やはり国内メーカーのものが良かろうと思って
そちら方面にあたっていたのですが、国内メーカーの場合、色や風合いに限りが有って選択肢が少ない、
それでも何とか選んで発注すると納期が1~2ヶ月(標準品で在庫があれば別)。それに対してイタリアの
メーカーの場合、色も風合いも国内メーカーの数倍以上の選択肢有り、風合い豊かで質感とても良い、
イタリアからの輸入にもかかわらず納期は最短で1週間強、長くて10日、価格は国内メーカーと同等か
むしろ安い(輸送費を含む、決済はもちろん日本円で国内の銀行口座へ振込みでOK)とはどういう事
なのか? さすがレザーの本場イタリア様、最高じゃないか。

 上記のトラブルが無ければ、そして自分で買い付けに行かなければこういう事は知らないままでした。
このレザーの手配問題はある意味軽い修羅場でしたので、その時は本当に大変でどうなることかと思い
ましたが、自分で動いて実際に目で見てお金も使って得た経験は他では得がたいものでした。今度からは
このイタリアメーカーの見てるだけで楽しくなるようなサンプル帳(発注時に実費でいただいてきた)を
見て、豊かな風合いのステキな色のレザーを注文しようと思っています。

---------------------- 以上インタビュー記事より抜粋 ----------------------

自身や身内(と思える範囲)でコントロールできない不測の事態が次々起こるのは、この種のプロジェクト
では良くあることといえばそれまでなのですが、本当に神経をすり減らします。
それでもまぁ、これまでに経験した自動車メーカー相手のいくつかの修羅場に比べれば、この程度のことは
かわいいものですが…。



ここからはほぼ完成状態を製作スタジオで撮影したもの。
owl_interior_photo_01.jpg

owl_interior_photo_02.jpg

ドアトリムのこの部分は私自身結構気に入っているところ。(グレーのラインは他と同色のオフホワイトの
ほうが良かったと思いますが)
owl_interior_photo_03.jpg

owl_interior_photo_04.jpg

owl_interior_photo_05.jpg

owl_interior_photo_06.jpg

owl_interior_photo_07.jpg

owl_interior_photo_08.jpg

owl_interior_photo_09.jpg

owl_interior_photo_10.jpg

owl_interior_photo_11.jpg

owl_interior_photo_12.jpg

owl_interior_photo_13.jpg

owl_interior_photo_14.jpg

owl_interior_photo_15.jpg

owl_interior_photo_16.jpg

owl_interior_photo_17.jpg

owl_interior_photo_18.jpg

owl_interior_photo_19.jpg

owl_interior_photo_20.jpg


メーターグラフィック
owl_meter_graphic_4types.jpg

センターパネルのモニターのグラフィック
owl_monitor_graphic_03.jpg

owl_monitor_graphic_04.jpg

owl_monitor_graphic_05.jpg



このプロジェクト全体がそうだったのですが…、特にこのインテリアの開発は、ジャズの即興演奏とか、
お笑いの一発芸とか(これはちょっと違うか…)、私としてはそういうものに近い感覚の、とにかく
アドリブでその場ですぐに対応しなければいけない、じっくり考える時間がとれない(従来通りの製法
では間に合わなくなることが目に見えている)、絶対的に時間が無い中での作業の連続でアイディア出し
から、この種の経験の全く無いお客様にわかってもらうためのデータ(シェーディング画像等)作成も
結構骨の折れる作業でした。承認していただいたデータから実際にもの作りのためのデータを作成し、
それをもって外注業者と折衝、納期管理し…と、非常にタイトで厳しい作業が続く、全く気の抜けない
日々でした。
最終的には余裕をもって間に合いましたし、当初予想したものよりも見栄えの良いものに出来たように
思えますので結果オーライでいいのですが、作業中、完成のめどがつくまでは心配のし通しでした。

こうして出来上がったインテリアは、オフホワイトをメインカラーに部分的に黒(とグレー)を配した
上品でモダンなもので十分私好みのものに仕上げることが出来ました。あまり好きではないところ
(シートのデザインとかドアトリムのラインの色とか)もありますが、それでも全体的には結構いい
雰囲気のものになりましたので、非常に厳しい状況の中での作業だったにもかかわらず、こんな仕上り
に出来て、正直ほっとしました。





うまくいって良かった、色々心配だったから…。





nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

ASPARK OWL prototype のページをアップデート [ASPARK OWL (Prototype)]


ASPARK_OWL_prototype_banner_01-03.jpg

ASPARK OWL(アウル)のプロトタイプの製作過程をまとめたページをようやくアップしました。
以前より見出しに相当する各過程ごとのバナーというか横長のリンク画像のみ公開していましたが、
ようやく中身の画像を全部アップして、とりあえず画像関係としては一旦完成といたしました。

ASPARK OWL prototype
http://ash-institute.cats.st/works_aspark_owl.htm

ASPARK_OWL_prototype_banner_04-06.jpg

2017年のフランクフルトショーで世界初公開されてから、なるべく早くアップしたいと思いながら…
2年以上たってしまい、そうこうしているうちに昨年、2019年11月のドバイモーターショーで
市販バージョンが公開され、今年の春頃1号車のデリバリー予定ということも発表されました。
このことは以前このブログでもお伝えしています。

ASPARK OWL 市販バージョン発表 Vlo.1
https://ash-institute.blog.ss-blog.jp/2019-11-18

ASPARK OWL 市販バージョン発表 Vol.2
https://ash-institute.blog.ss-blog.jp/2019-11-19


ASPARK OWL prototype のページで表示されている各過程ごとの横長画像をクリックすると
(反応が無い場合はもう一度クリックしてください ※ダブルクリックではありません)
その下にサムネール画像がいくつか表示されます。このサムネール群は、少ないところも
ありますが、多いところでは数十枚になります。
サムネール画像のどれかを選んでクリックすると独立したウインドーで拡大表示されます。
この独立ウインドーの右下にX型の矢印マークが出ている場合はオリジナルサイズよりも小さく
表示されている(ブラウザのウインドーサイズ内で全体表示するため)ことを意味しており、
そのマークをクリックすることによってオリジナルサイズで表示されます。
この独立ウインドーはドラッグして位置をずらしたり、複数開くことも出来ます。
独立ウインドー上でクリックするとその独立ウインドーは閉じます。
最初にクリックした横長画像をもう一度クリックするとサムネール画像群は非表示となります。

ASPARK_OWL_prototype_banner_07-09.jpg

このページに限らずなのですが、弊社のサイトは全般的にスマホでは見づらい構成ですので、
(Google ChromeとFirefoxの検索結果に“ページがモバイル フレンドリーではありません。”と
親切に表示されます)いまどき恐縮なのですがPCでご覧いただくのが望ましいです。

ASPARK_OWL_prototype_banner_10-12.jpg


ページの最後に、J News International のグラフィックデザイナー/ライター:真栄中美樹さん
によるインタビュー記事へのリンクもあります。このインタビュー記事はこの車に関することを
はじめ、イケヤフォーミュラさんとの関わりやこれまでの経験、デザインに対する私の考え方など
多岐にわたる内容となっています。全6回に分かれていて、それぞれの回が結構な長文ですので、
お時間がある暇な時にでもどうぞ。

J News International
https://jnewsinternational.wixsite.com/homepage

J_News_International_1-6.jpg




今後、各画像を拡大表示したときに下側に現れる説明文を加えたり、細かい修正を少しずつ加える
ことになるかもしれませんが、それらはまた追々…ということで。




もうあれから2年もたっているのだな…。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ASPARK OWL 市販バージョン発表 Vol.2 [ASPARK OWL (Prototype)]

aspark_owl_production_version_dubai_2019_01.jpg

ドバイモーターショー2019で発表されたASPARK OWL(アスパークアウル)市販バージョン。
その会場で撮影された写真をいくつか集めてみました。


Aspark Owl at the Dubai International Motor Show, 2019
https://www.youtube.com/watch?v=gcWaJrzH_WI&feature=youtu.be (1分12秒)
ドバイショーの会場で撮影された動画。市販バージョンのインテリアの様子がわかります。


世界最速の和製ハイパーカー「アウル(OWL)」が3.5億で販売開始!出力なんと2012馬力、0-100km/h加速は1.69秒、最高速は400km/h
http://intensive911.com/?p=186792
日本語サイトで読みやすいです。丁寧に詳しく書いていただいています。


【世界最速の日本車】量産仕様のアスパークOWLがついに公開!2012馬力で0-100は1.9秒だと!?こいつ化物か?:フェラーリ ランボルギーニ ニュース
https://www.ferrarilamborghininews.com/blog-entry-16715.html
日本語サイトで読みやすいです。


以下は上記各サイト、その他からの写真です。
aspark_owl_production_version_dubai_2019_02.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_03.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_04.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_05.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_06.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_07.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_08.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_09.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_10.jpg


2017年のフランクフルトショーで発表されたプロトタイプよりも少しブルー系になったシルバーの
ボディカラーはともかく、ゴールドのホイールは主要販売先の潜在ユーザーの好みを反映したものかな、
と想像できます。
aspark_owl_production_version_dubai_2019_11.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_12.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_13.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_14.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_15.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_16.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_17.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_18.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_19.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_20.jpg


このシート座面の形状から、ドライビングポジションとしては最近のレーシングカーのように
つま先がお尻よりも高い位置にくるようなポジションであることがわかります。

aspark_owl_production_version_dubai_2019_21.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_22.jpg

これはこの車が極端に車高が低く、いくらヒップポイントを下げても普通の姿勢ではドライバーの
頭がルーフにつかえてしまうので、上体をなるべく寝かせたい(首から上は起こしたまま)という
ことでまずシートバック(背もたれ)の角度と形状が決まってきて…、ということもあるのですが、
多分この盛り上がったシート座面の下にバッテリーなどを格納したかったのではないかと思います。
キャビン前後のスペースはもちろんフルに使った上で、それでも足りなくてここにも置きたいと。
ここであらためてひとつ前の投稿でアップしたCG画像を見ると、キャビン部分のフロアというか
モノコックの一部が表現されているのですが、乗員のお尻の部分だけ穴のようにへこんだ形状に
なっており、その下にはきっと所狭しと色んなものが配置されているであろうことが想像されます。
aspark_owl_production_version_official_site_02_01.jpg
この低い車体に大容量のバッテリーやコントローラー類をどうやってレイアウトするか、それらの
冷却も含めて相当工夫されたはずです。そしてそれらの“臓物”を避けて、何とかドライバーをうまく
おさめるには…と考えた時、最近のレーシングカーのようなポジションであれば何とかなりそうだ、
と考えたのではないかと思います。
最近のレーシングカーは空力のためにフロントノーズ下面からドライバーのすぐ前まで大きな空間を
確保しているのですが、そのためにその部分のフロアが高くなって必然的にペダルの高さがお尻よりも
高い位置に来ることになっています。
片や気流の通り道としての空間、それに対してバッテリーなどを格納するための空間と、理由は異なる
にしても本物のレーシングカーと似たポジションはこの車のイメージとして悪くはないだろう…、
バッテリーなどの重量物を置くには重量配分としてとても望ましい位置だし…、
そういうことでこのレイアウトになったのではないかなと思います。
乗り降りは結構大変そうですが、そこは我慢していただくということで…。
aspark_owl_production_version_dubai_2019_23.jpg

aspark_owl_production_version_dubai_2019_24.jpg
リヤビューモニターはとても見やすい位置にレイアウトされていて好感が持てます。
このメインのメータパネルの両サイドにリヤビューモニターを置くレイアウトはプロトタイプにおける
インテリアデザインの初期に弊社も一度提案しており、その時は却下されたてしまっていました。
それが生産型でこうなったということは、あれから色々ご覧になられてやっぱりこういうのいいかな…
と心変わりをされたのか、あるいは単純に弊社の提案に説得力がなかったということなのか…、
そういうことなのかもしれません。





行けるものなら自分もドバイ行ってみたいですけど、中々そうもいきませんので、こうして色んな
方々がアップしてくださった写真を日本にいながらにして沢山見れるのはとても嬉しいです。






とにかく無事に発表されて良かった。ものすごい高性能だし…。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ASPARK OWL 市販バージョン発表 Vlo.1 [ASPARK OWL (Prototype)]

aspark_owl_production_version_01.jpg


ドバイモーターショー2019でASPARK OWL(アスパーク アウル)市販バージョンが発表されました。
この市販バージョンの開発に弊社は関わっていないのですが、プロトタイプを手がけたものとして
ずっと期待と心配をしておりましたので、この車が予定通りドバイモーターショーで発表されたことは
本当に嬉しく、信じられないような気持ちです。


Aspark | Engineering and car manufacturing
https://asparkcompany.com/
アスパーク社の公式サイトです。


ASPARK OWL “The Power is our Nature” on Vimeo
https://vimeo.com/372246227 (1分37秒)
ドバイショーの同社ブースのモニターでも流されていた短めのプロモーション動画。


Aspark OWL Construction video on Vimeo
https://vimeo.com/371345408 (6分43秒)
アスパーク社の吉田社長はじめ、同社の担当者達のコメント、そして市販バージョンの開発を請け負った
イタリアのMAT(Manifattura Automobili Torino)での開発の様子がおさめられたプロモーション動画。
この市販バージョンが“本物”だということがよくわかる、非常に見ごたえのある内容です。


¡Oficial!: El Aspark Owl acelera de 0 a 100 km/h en 1.69 segundos, es real y eléctrico
https://www.autonocion.com/aspark-owl-el-coche-con-la-aceleracion-mas-rapida-del-mundo/
スペイン語サイトですが、公式写真等色々見れますし、各種スペックも丁寧に記載されています。



以下は上記アスパーク社のサイトにある公式写真と同サイトで使われている画像です。
aspark_owl_production_version_02.jpg

aspark_owl_production_version_03.jpg

aspark_owl_production_version_04.jpg

aspark_owl_production_version_05.jpg

aspark_owl_production_version_06.jpg

aspark_owl_production_version_07.jpg

aspark_owl_production_version_08.jpg

aspark_owl_production_version_09.jpg

aspark_owl_production_version_10.jpg



インテリア。これは弊社がデザインしたものとは全く違うものになりました。
aspark_owl_production_version_11.jpg

aspark_owl_production_version_12.jpg



ここからは塗装ブースとおぼしきところでの作業やシャシーの様子。
aspark_owl_production_version_13.jpg

aspark_owl_production_version_14.jpg

aspark_owl_production_version_15.jpg


カーボンモノコック、フレーム、シャシー。
aspark_owl_production_version_16.jpg

aspark_owl_production_version_17.jpg



CAD画面等からのイメージ画像、組立作業の様子など。
aspark_owl_production_version_official_site_02_01.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_02.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_03.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_04.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_05.jpg

MAT(Manifattura Automobili Torino)社のPaolo Garella CEO(左)とアスパーク社の吉田社長(右)
aspark_owl_production_version_official_site_02_06.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_07.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_08.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_09.jpg



スタジオでの撮影の様子。
aspark_owl_production_version_official_site_02_10.jpg

aspark_owl_production_version_official_site_02_11.jpg




このプロジェクトを知る誰もが(それはメディア等で知った多くの人達はもちろん、関係者でさえも)
懐疑的であった生産化。それをこの短期間で成し遂げたことは掛け値なしに称賛されることだと思います。
これには市販バージョンの開発をイタリアのMAT(Manifattura Automobili Torino)社に依頼したことが
非常に効果的、すばらしく良いことだったのだろうなと思います。

Manifattura Automobili Torino: MAT
https://www.manifatturaautomobilitorino.it/

Manifattura Automobili Torino - Wikipedia
https://it.wikipedia.org/wiki/Manifattura_Automobili_Torino

Manifattura Automobili Torino - ホーム | フェイスブック - Facebook
https://www.facebook.com/manifatturautomobilitorino/

MAT社は2014年にイタリア、トリノに設立された新しい会社ですが、同社CEOのパオロ・ガレッラ氏は
かつてピニンファリーナに在籍し、ワンオフモデル等製作の中心人物として長く活躍されてきた方で、
製作作業だけでなくプロジェクト全般(企画、開発、マーケティング、セールス等)を取りまとめられる
スペシャリスト兼ゼネラリストとして、この種の業務に精通した方であり、MAT社はこの種の仕事を依頼
するのにまさにうってつけの会社といえます。超高額な高性能少量(100台以下)生産車の開発ということに
関していえば、世界中を見渡してみて、現在考えうる最高のパートナーではないかと思われます。
これがもし、もっと生産台数が少なければ出来そうなところもいくつか出てきますし、もっと多い場合、
例えば1,000台とか数千台規模となるとまた話は違ってきて、そういう規模では価格もこんな超高価格では
なくなって、それを成立させる合理的な製造方法を考えると、同社では難しくなったかもしれません。

デザインに関しては、プロトタイプをデザインした弊社から見ると、どうしても細かいところにまで
目がいってしまって“ここはどうしてこうしてしまったんだろう…?”と思われる点がいくつかありますが、
それでもエクステリアに関してはかなり忠実に再現したいただけたのではないかなと思います。
インテリアに関してはほぼ全面的に見直されて新デザインになっていますので、これはもう好みが違った
ということなのかなと思うのですが、個人的には清潔感とか上品さを意識してデザインしたプロトタイプの
出来がかなり気に入っていたので(但しシートは除く)、その面影がほとんど無いのは寂しくて残念です。

驚いたのは発表されたスペック。特に走行性能は予想を大きく超えた(にわかには信じがたいほどの)
ものでした。この加速性能、最高速度、航続距離…、これらが本当ならまさに衝撃的な内容といえます。
今回の発表までは正直言って、このプロジェクトがうまくいって市販バージョンが出来たとしても、
性能面ではプロトタイプと同等なレベルは望めないだろうな、それで段々うたい文句としてもトーンダウン
していくんじゃないかな…と、失礼ながら思っていましたので、今回発表された各種の数値には驚かされ
ました。失礼な想像をしていてすみませんでした。

わずかばかりの残念さはありますが、少なくともエクステリアに関してはかなり忠実に再現していただけた
ことを素直に喜びたいですし、心からの感謝の気持ちをお伝えしたいです。そして想像を大きく超えた
高性能ぶりと、この短期間でここまでのものに仕上げられたことにただただ称賛を送りたいです。





大変失礼な想像をしていてすみませんでした…。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
ASPARK OWL (Prototype) ブログトップ